北海道の測量・設計、地図作成日測技研

日測技研株式会社

空と地上から、地形や構造物の形状を
3次元点群データで知る

UAVやドローンと呼ばれる『マルチコプター型小型無人航空機』の急速な普及から、3次データや空中写真、空撮動画が広い分野で活用されるようになりました。
地上からも、『地上型3Dレーザースキャナ』の発展により、地形や構造物の詳細な形状を、高速かつ高精度に3次元データが取得できるようになりました。
水中(Sonic2024)、空、そして地上から、当社は多様化するニーズにお応えすべく、新しい技術と品質の向上に努めております。

地上から

地上型3Dレーザースキャナにより、地形や空間、構造物などの3次元形状を計測

地上型3次元レーザースキャナによる非接触の形状計測、つまり“計測対象物に触れず、離れた所から正確に計測する技術”は

  • 少ない作業員数で短時間に、広域な高精細3次元データが取得できるため作業効率が良く、
    経済性を高める。
  • 地すべり箇所の緊急調査など、危険で急を要する作業にも安全に対応できる。
  • トンネルの内空間断面計測、遺跡調査や大きな文化財の調査も、対象物を傷つけることなく、
    広域に正確な計測ができる。
  • 路面計測、法面計測にも有効で、土量計算にも有効で、設計のデータとして活用できる。

このように、新しいレーザー計測の技術には、多くのメリットが存在します。
計測された点群データは、設計、維持管理、防災計画、CGやバーチャルリアリティーなど幅広い用途へ活用できます。

使用機器

TOPCON GLS-2000
メーカー 株式会社トプコン
機体名称 GLS-2000(M) ミドルタイプ
測定距離 詳細モード(反射強度90%):100m
高速モード(反射強度90%):210m
低出力モード(反射強度90%):210m
標準モード(反射強度90%):350m
近距離モード(反射強度9%):40m
距離制度 標準モード3.5mm/1〜150m時
測定範囲 水平方向360°鉛直方向270°

GLS-2000を使用した「地上型3次元レーザースキャナによる形状計測」は、NETIS登録技術です。

UAV、ドローン、マルチコプターの各定義

UAVは、“Unmanned Aerial Vehicle = 無人航空機” の略で、人間が搭乗しない航空機を指します。無人の大型の軍用機や民間機も含まれ、機体の大型・小型は定義されません。
ドローンは、“Drone = ミツバチのブーンという低い羽音”からつけられた、遠隔操縦可能な比較的小型の無人飛行機の通称。一般に使われる単語になりましたが、回転翼の数は定義されていないので、特にマルチコプターを指す訳ではありません。
マルチコプター(マルチローターヘリコプター)は、“回転翼が3つ以上ある回転翼機”を指し、機体の大型・小型、有人・無人は定義されません。

※マルチコプターのうち、回転翼が3枚→トライコプター(トライローター)、回転翼が4枚→クワッドコプター(クワッドローター)、回転翼が6枚→ヘキサコプター(ヘキサローター)、回転翼が8枚→オクトコプター(オクトローター)と呼ばれます。

空から

UAVにより、動画・写真撮影、地形や構造物などの3次元データを取得

UAVでは、空中写真や4K対応動画を撮影できるのは勿論、高解像度写真データを撮影し、デジタルステレオ図化機(SUMMIT)によって、精度の良い大縮尺地図を作成することも可能です。 これまで培ってきた航空写真測量の技術と共に、空中写真、動画、オルソ写真、3次元地形データを提供いたします。

使用機器

PHOTEC UAV-PHOTEC_HL4
メーカー 株式会社フォテク
機体名称 UAV-PHOTEC_HL4
機体重量 2,100g 最大離陸重量:3,500g(バッテリー、カメラを含む)
機体寸法 600mm×600mm×350mm
プロペラ回転直径 800mm
操縦装置 メーカー 日本遠隔制御(株)(JRプロポ)
PHANTOM4
機体名称 PHANTOM4
機体重量 1,380g (バッテリー、プロペラを含む)
機体寸法 350mm(対角寸法、プロペラ含まず)
PHANTOM2 Vision+
機体名称 PHANTOM2 Vision+
機体重量 1,242g (バッテリー、プロペラを含む)
機体寸法 350mm(対角寸法、プロペラ含まず)

安全性について

安全とは作業において、第三者及び物件、公共の所有物や組織等に損害を与えない事、そしてそれが客観的に判断されている事です。
事故を未然に防ぐため、事故を誘発する可能性のある行動を制限し、起こりうる事象に対してあらかじめ、禁止行為や判断基準を定め、明確に示すことが必要です。
弊社では、国土交通省航空局の無人航空機の飛行に関する許可・申請により審査され、国土交通大臣の許可を得た『UAV安全運用基準』を定めています。
不測の事態が発生した場合も、操縦者個人の判断でなく、管理体制の下で安全に業務遂行する事を基本としています。

お問い合わせ

詳しいお問い合わせは、電話、メールで承ります。お気軽にお問合せください

TEL 011-561-7651 地上型3次元レーザースキャナ・UAV担当係まで

メールでのお問い合わせはこちら
日測ビル

日測技研株式会社

札幌市中央区南19条西16丁目3-1
日測ビル ※市電「ロープウェイ入口」電車停留所下車 徒歩5分
※バス「南19条西16丁目」バス停留所下車 徒歩1分
※JR札幌駅よりタクシーでおよそ20分

お問い合わせ・ご相談はこちらから※お電話・FAXまたはメールフォームにて受け付けています

  • 011-561-7651 平日8:30〜17:30
  • 011-561-7902 24時間受付

Copyright (C) Nissokugiken Corporation. All Rights Reserved.

PAGE TOP